主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

この週末、土曜日は仕事で夜に小学校の頃の友人達と宴会。で、今日も出掛ける元気がなく家で自分の仕事をしたり家内の仕事を手伝ったり、過去の写真の整理をしたりしていました。
昼前には撮影に出掛けられた方からお電話を頂き、今どこにいるのと聞かれたので「家にいますよ」と答えたら「えっ、出掛けてないの?」と言われる始末。
こんな事では良い写真が撮れるはずもなく、当分はまたつまらない記事が続きそうですがご容赦下さい。


結婚して1年余り経った頃でした。新婚旅行に行っていなかったので和歌山県の親戚を絡めて南紀や奈良を回って来た事がありました。歴史的にも面白い地域ですし観光資源も豊富です。
今だったらサツマシジミなどの蝶の撮影狙いで行く所ですが当時は単なる観光で行きました。

その時の写真から、十津川の渓谷にかかる野猿です。



奈良県吉野郡十津川村の渓谷にかかる野猿です。今でこそかなり知名度が高くなったこの渓谷ですが当時はまだそれほど知られていなかったのではないかと思います。観光客も少なく秘境の趣が残っていました。
「野猿」というのは関東でも見られる「モッコ渡し」を少し豪華にしたようなもので、屋根付きの館が2本のワイヤーロープで吊られていて、自分でロープをたぐりながら進みます。今は観光資源の一つとなりましたが昔は橋がなかったので重要な生活の交通手段だったようですね。
中程まではいいのですが後半は上りになるのでちょっと腕力を使います。
家内が渡っている時、ヤマセミの番が野猿の前を横切って飛んで行ったのが印象的でした。




スポンサーサイト

  1. 風景
  2. / trackback:1
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

野猿

  1. 2012/07/09(月) 20:29:45 |
  2. URL |
  3. grassmonblue
  4. [ edit ]
紀伊山地には、歴史的にも独特の地域が散在している印象が強いです。
あちらのご出身でしたか。
野猿は初めて知りました。
当然、お猿がアップされたいると思ってしまいました。(汗)
ひとつ勉強になりました。
↓の百合の写真も素敵ですね。
写真をかじってみて、花の写真が最も難しいのではないかと思うようになりました。

Re: 野猿

  1. 2012/07/09(月) 21:55:58 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>grassmonblue さん
紀伊半島は本当に面白いですね。今では随分と開けてしまいましたが、あの多雨が育んできた原生林は人に霊験を与える要素を備えていたのでしょう。
私自身は横浜生まれですが、母方の祖母の田舎が和歌山県の御坊市で、海南市には今でも遠い親戚が暮らしています。子供の頃から何度も遊びに行ったので思い出深い土地柄です。
野猿(やえん)は快適な乗り物でした。吊り橋に比べて恐怖心が少なく、とても楽しい気分になれました。
もしあの辺に行かれたら是非乗ってみて下さい。谷の中程で休憩して周囲を眺めるととても爽快な気分になります。
花の写真は本当に難しいと思います。未だかつて満足に撮れた事がありません。
私達のような虫屋は、やはり好きな虫を撮影している方がお似合いなのかもしれませんね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

まとめtyaiました【十津川の野猿(1986年9月5日)】

  1. 2012/07/10(火) 03:33:36 |
  2. まとめwoネタ速neo
この週末、土曜日は仕事で夜に小学校の頃の友人達と宴会。で、今日も出掛ける元気がなく家で自分の仕事をしたり家内の仕事を手伝ったり、過去の写真の整理をしたりしていました。昼...

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -