主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

15日はAkakokkoさんmidoriさん、I さんの3人と共に信州に遠征しました。
午前中は雨が降っていたのに気温が高く、ゼフィルスはなかなか下に降りて来てくれませんでした。
それでもハヤシ、ジョウザン、ダイセン、ウラジロ、ミズイロ、アカ、等のミドリシジミ類を見る事ができ、クロシジミも混じっていました。やはり信州は蝶が豊富です。
昼前から移動して今回の主目的だった高地産アサマシジミの撮影に。
こちらは少し時期を外してしまったようで超新鮮な個体は見られませんでしたが個体数自体は多く楽しめました。

写真の方は先週辺りから同じコースを辿っておられる諸兄のようにうまくいかず、なんだかがっかりですが、この頃蝶の記事が全くなかったのでいちおう掲載しておく事にします。


ハヤシミドリシジミ♀。最初画像を見た時はエゾミドリシジミと思ったのですがやっぱりハヤシかな?

1207157DIMG_3580.jpg
ウラジロミドリシジミ♂

1207157DIMG_3589.jpg
ミズイロオナガシジミ。黒帯の広いタイプは久しぶりに見ました。

R0032732.jpg
現地でお目にかかった横浜のKiさんとKoさんに教えて頂いたテリ張り中のジョウザンミドリシジミ♂。
考えてみればこの日のこの場所には横浜市民ばかりが6人いたことになりますね。

1207157DIMG_3637.jpg
コキマダラセセリ♂

1207157DIMG_3737.jpg
アサマシジミ♂、いわゆるミョウコウシジミです。この場所にはヤリガタケシジミに近いブルーの発達したものから普通のアサマシジミのようなタイプまで色々いました。このタイプは初めての撮影だったので興奮しました。

1207157DIMG_3923.jpg
♂の裏翅。

1207157DIMG_4066.jpg
新鮮個体だともう少しブルーが輝くのかもしれませんが・・・
これぞミョウコウシジミという思いっきりブルーの広がった個体に巡り会えずちょっと残念でした。

1207157DIMG_3825.jpg
食草のエビラフジを訪れた♀

R0032792.jpg
同上

1207157DIMG_3881.jpg
葉上で開翅する♀


R0032799.jpg
ヒメジョンの花を訪れた♂ 背後は深い谷とそそり立つ山。高地産のアサマシジミの舞台にふさわしい景観でした。

当日一緒に撮影して下さった皆さん、本当に色々お世話になりました。深くお礼申し上げます。
                                       naoggio
スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:18
  3. [ edit ]

No title

  1. 2012/07/18(水) 22:49:36 |
  2. URL |
  3. なつ
  4. [ edit ]
こんばんは。

アサマシジミにもいろいろあるのですね!!
遠征はわくわくドキドキで好きです(^^)
ほんの少しだけアサマとヒメの違いが分かって来た今日この頃です(^^;
今年は「楽しく」をテーマに図鑑を充実出来たらいいなぁ~!!

No title

  1. 2012/07/18(水) 23:56:06 |
  2. URL |
  3. Akakokko
  4. [ edit ]
お陰様で、初撮り5種に、ミョウコウシジミは感激でした。
ありがとうございました。
黒板に水色のチョークで色付けしたような独特な水色が印象的でした。
ミヤマのようにブルーの斑紋のある個体も多かったですね。
来年は泊まりがけで行きたいところです。

興奮が甦ります…(*^^*)!

  1. 2012/07/19(木) 06:24:29 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
その節はお世話になりました。とても楽しい遠征でした。
感謝しますm(__)m。
やはり、長野県は美蝶の宝庫ですね(^.^)。
ちょっとした遠征時期のずれで、かなり“美”に影響する
んですね。ミョウコウは、最後に見かけた子が一番それらし
かったようですね…最初のポイントでしたね(*^^*)!

みょうこう

  1. 2012/07/19(木) 10:25:19 |
  2. URL |
  3. 虫林
  4. [ edit ]
ミョウコウシジミの♀は、前翅まで橙紋が発達していてよく特徴
が出ているように思えます。とても奇麗な個体に出会われたので
すね。
エビラフジとのコンビショットも絵になっていますな。

No title

  1. 2012/07/19(木) 16:26:46 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
素晴らしい写真が並んでいて、がっかりすることはないと思いますが、思ったように近くで撮れなかったり開かないと残念ではありますね。
ハヤシとエゾも特徴がしっかり出ていない個体は難しいですね。
ヤリガタケは撮影していますが、ミョウコウの方は未撮影なので羨ましく拝見しました。
通常のアサマ同様に大きいと聞きましたが、どうでしたか?
日曜の夜に連絡したのですが、つながらない場所だったようですかね。

Re: No title

  1. 2012/07/19(木) 16:36:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>なつさん
そうですね。
上高地近辺のヤリガタケシジミは別格とすると、ハクサンシジミ、ミョウコウシジミ、トガクシシジミの御三家がいます。
その他にもちょっとした場所の違いでけっこう色や大きさが違ったりするのでアサマシジミにはまった人はコンプが大変でしょうね。
私も来年はハクサンかトガクシ行きたいと思っています。
「楽しく」をテーマに・・・いいですね。なつさんなら問題ないかと。

Re: No title

  1. 2012/07/19(木) 16:40:11 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Akakokko さん
天気には恵まれませんでしたが楽しい1日でしたね。
水色のチョーク !  きれいな表現ですね。思いつきませんでした。
本当に色々お世話になりました。また御一緒しましょう。

Re: 興奮が甦ります…(*^^*)!

  1. 2012/07/19(木) 16:42:32 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midoriさん
こちらこそ本当にお世話になりました。
長野県は凄いです。昆虫密度がちょっと違いますね。
ミョウコウシジミは気に入ってしまいました。
来年チャンスがあったらまた行ってみたいです。

Re: みょうこう

  1. 2012/07/19(木) 17:17:03 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> 虫林さん
コメントありがとうございます。
ミョウコウシジミはオスもメスもとてもきれいですね。悪天を押して行ってみた甲斐がありました。
エビラフジでは雌雄の絡みも見られたのですが撮り損ねました。
虫林さんの記事で海に近いほど橙紋が発達すると言われていると紹介されていましたが、
確かにずいぶん橙が発達するものだなと思いました。
来年は機会があればもう少し早く行ってみたいです。

Re: No title

  1. 2012/07/19(木) 17:28:40 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYANさん
ありがとうございます。誰かに慰めてもらおうと思ってあのように書きました(笑)。
実はあの日ゼフに関してはもっとチャンスがあったと思うのですがちょっと集中力が足りませんでした。
ミョウコウはアサマと同じくらいか、やや小さいくらいですね。ただ混棲しているヒメシジミも同じくらい大きいのでけっこう紛らわしいです。
お電話頂いていたとは、大変失礼しました。日曜の夜は八ヶ岳のKiさんの別荘にいました。ドコモは通じていたように思いますが、ソフトバンクはだめだったのかもしれません。

お疲れ様(^^♪

  1. 2012/07/19(木) 19:03:34 |
  2. URL |
  3. kayo ☆
  4. [ edit ]
信州遠征お疲れ様でした(^^♪
色々なミドリシジミ類に会えて楽しい時間でしたね^^
信州は魅力ある場所です、行く度に何かある(笑)
アサマシジミとっても綺麗です!!!
やはり背景が山~たまりません(笑)
私は長野の何時も見られた場所で見られなくなってちょっと寂しい思いをしてます(>_<)

No title

  1. 2012/07/19(木) 19:39:35 |
  2. URL |
  3. otto-N
  4. [ edit ]
かなり標高が高そうですね。やっぱり、アサマは素晴らしいです。
全然新鮮じゃないですか。ゼフも豊富だし、行きたくなります。
北海道でも意識していましたが、かなりピンポイントとのこと。
食草を探すのが精一杯でした。

No title

  1. 2012/07/19(木) 20:32:50 |
  2. URL |
  3. cactuss
  4. [ edit ]
ゼフとミョウコウシジミの写真はすばらしいです。
ミズイロオナガの斑紋異常もすごいですね。
先日、小生もミョウコウシジミを撮影しました。
あまりにもきれいだったので、掲載をためらっています。
いろいろな場所のアサマシジミを撮影するのも面白いのかなと思い始めました。

垂涎

  1. 2012/07/19(木) 20:43:53 |
  2. URL |
  3. grassmonblue
  4. [ edit ]
涎の出そうな写真ばかりです。
こちらの高山地アサマ、個体数もバラエテイも多い様子がわかりました。まずは安心しました。
ヤリガタケシジミは風前のともし火ではないでしょうか。
最近、あまり聞きませんね。
実は昨日それらしいところを探索しましたが、全く地形が変わっておりました。

Re: お疲れ様(^^♪

  1. 2012/07/19(木) 21:13:11 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kayo ☆ さん
楽しい遠征でしたし、私は行きと帰りで別なグループに吸収されてとうとう1度もハンドルを握らなかったので楽をさせてもらいました。
信州の実力は凄いですね。本当に蝶の影が濃いです。
マイポイントの蝶がいなくなってしまうとがっかりですね。
アサマシジミは樹が伸びてしまうと食草がなくなってしまうので既存の産地で壊滅することがよくあるようです。
かと思うと、意外な場所でひょっこり会ったりもします。読めない蝶ですね。

Re: No title

  1. 2012/07/19(木) 21:21:39 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>otto-N さん
アサマの産地は海が遠くないこの地方としてはけっこう高い1000数百メートルといったところです。
ゼフは多いですね。探せば良いマイポイントが見つかるかもしれません。7月10日前後が良いと思います。
アサマは本当にピンポイントでいる事が多いですね。猫の額ほどの発生地で毎年発生して来るのを見るとなんだかとても不思議です。
さっき家内に普通のアサマとミョウコウの違いを説明していたら「でもヤマトシジミってそんな色のがいるよね」と言われてしまいました。確かに秋など妙にクールなヤマトに出逢う事がありますよね。

Re: No title

  1. 2012/07/19(木) 21:27:55 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>cactussさん
cactussさんが行かれなかったとは思えなかったのでひょっとするとと思っていたのですが、やはりそういう事だったんですね。さすがです。
本当にきれいな蝶ですね。オスは飛んでいるときもとてもきれいでした。
私も来年は他の所のアサマ、是非見に行ってみたいと思っています。予定が合えば御一緒しましょう。

Re: 垂涎

  1. 2012/07/19(木) 21:36:12 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>grassmonblue さん
この産地については今のところ問題なさそうに思いました。開けた所がなくなりさえしなければ大丈夫でしょう。
ヤリガタケシジミは確かに心配です。
昨日探索されたんですか。私は週末行ってみようかと思っていましたが同じ場所だったらアウトですね。
山間部にも点々と分布しているようなのですぐに絶滅はないとは思いますが、撮影は大変そうです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30