主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

この連休は仕事漬けでした。土曜日は出勤。昨日と今日は自宅でずっと図面を描いていました。
皆様のブログにもお邪魔できず大変失礼をしております。どうかご容赦下さい。
そんな中で昨日の夜だけは息抜き、というわけでもありませんがコンサートに行ってきました。
場所は上野の「旧東京音楽学校奏楽堂」。有名な建築なので詳説は省きますが、明治23年に建てられた日本最古の木造洋式音楽ホールです。名前が長いので普通は単に「奏楽堂」と呼ばれています。
この夜のプログラムは「オーケストラ・トリプティーク」による「弦楽による奏楽堂の響き」というタイトルの演目で、日本人の作曲家の曲のみを演奏するというちょっと変ったコンサートでした。
行こうか行くまいか迷ったのですが、奏楽堂も今年は耐震強度診断が行われるそうで、もしかすると今のままの姿で見られるのも来春までかもしれないということで、疲れてはいたのですが思い切って行ってみました。

コンサートは演奏された曲を作曲された眞鍋理一郎氏や水野修孝氏のご挨拶もあり楽しいものでした。
黛敏郎の曲は初めて聞きましたがなかなか良かったです。
そしてこの奏楽堂は木造建築で上げ下げ窓1枚で外とつながっていますので、演奏会の始まった頃から秋の虫の音に包まれるんです。
コンサート会場で虫の声を聞きながら音楽を聴くというのは初めての経験でした。行って良かったです。





コンサートのプログラム


1209167DIMG_9463.jpg
開場を待つ人の列に並ぶ。


1209167DIMG_9485.jpg
奏楽堂のステージ。小さなパイプオルガンがあります。
眞鍋理一郎氏のお話では癖はあるけれどとても良い音のオルガンだそうです。


1209167DIMG_9489.jpg
広くはない客席の頭上には1つシャンデリアが下がっています。


1209167DIMG_9490.jpg
窓の上のカーテンボックスや天井下の肘木など凝った造りになっています。


1209167DIMG_9498.jpg
シャンデリアと円柱状の梁。


1209167DIMG_9533.jpg
コンサートが終わって出てくると空も真っ暗になっていました。当たり前か。9時でした。


1209167DIMG_9539.jpg
正面から見る奏楽堂。



スポンサーサイト

  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

No title

  1. 2012/09/18(火) 08:24:49 |
  2. URL |
  3. naoki
  4. [ edit ]
9/16は私の誕生日と34年目の結婚記念日でした。まだ生きています(笑)
高崎在住の蝶の関係者からチケットをいただき、群馬音楽センターにおける群馬交響楽団の
「ロッシニー他のコンサート」を聴きに遠征いたしました。
会場は満員でした。
250人以上の合唱団とオーケストラ、ソプラノのマリア・ラドエヴァが良かったです。
(スターバト・マーテル)ロッシーニ
・・・なかなか壮観でした。クラシックは妻が詳しいのですが、私は??です(笑)

奏楽堂は木造のためか温かみを感じますねえ!
このまま保存されると良いとは思いますが・・・・。

No title

  1. 2012/09/18(火) 11:04:34 |
  2. URL |
  3. hayenokaze(南風)
  4. [ edit ]
なかなか趣があって良いホールですね。
こういうところで良い音楽を聴く・・・至福の時を持たれたんですね。

当方、この連休は、初日に実家に寄った時に、雨の中の虫探しを行っただけで、後は台風によって自宅軟禁状態にされていました。
マッタリとした時間だけが、過ぎ去っていきました。(T_T)

Re: No title

  1. 2012/09/18(火) 17:02:38 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>naokiさん
お誕生日と結婚記念日が同じなんですか、二重におめでとうございます !
群馬交響楽団は歴史ある素晴らしいオーケストラと聞いております。
しかも大合唱付きとは、さぞ迫力があった事でしょう。良いコンサートに行かれましたね。
下世話な話で恐縮ですがその規模ですとチケットけっこうお高いのでは?

奏楽堂は耐震診断の結果が気になる所ですね。
日本の西洋音楽の歴史と共に歩んできた建物ですのでなんとか形を変えずに残して欲しいものです。

Re: No title

  1. 2012/09/18(火) 17:33:40 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>南風さん
はい。私はここでのコンサートは初めてだったのですが、
この建物に入ると、明治時代の作曲家、建築家、実際にこのホールを作り上げた職人さん達、そういった人々の心意気や息づかいが身近に感じられる気がしました。
本当に貴重な文化財だと認識を新たにして帰ってきた次第です。
そちらは台風で大変でしたね。
「軟禁状態のマッタリした時間」嫌いじゃありませんが程度問題ですね(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -