主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

1月20日の記事で2008年のルーミスシジミの越冬集団の事を書きましたが、この年はルーミスシジミと同じ仲間のムラサキシジミ、ムラサキツバメも数が多く、千葉県のある公園では関東としては珍しい、数十頭単位のムラサキツバメの越冬集団が幾つも見られました。
このムラサキツバメの越冬集団の事はclossianaさんpapilaboさんが教えて下さり、どこのどんな樹に何頭くらいの越冬集団が見られるかを克明に記したマップまで送って下さり、越冬集団探し初心者の私としては大いに助かりました。clossianaさんpapilaboさんその節は本当にありがとうございました。
ポイント情報を頂いて11月23日と11月29日の2回、早速ムラサキツバメの越冬集団を見に行ってきました。
初めて見るムラサキツバメの越冬集団には感嘆しました。知識では知っていても、実際に見てみるとその感動は格別です。完全に越冬集団の迫力に気圧された気分で帰って来ました。
昨年1月23日の記事にも同日の写真がありますので合わせてご覧頂ければ幸いです。



0811235DIMG_4873.jpg
ムラサキツバメ♀(2008年11月23日)
朝方越冬集団を確認してから少し写真を撮っているとどんどん気温が上がってきて集団が離散し、半分くらいの個体が散歩に出てしまいました。単体でもなかなかいい撮影チャンスのないムラサキツバメなので日向ボッこしている所を撮影。


0811295DIMG_4988.jpg
ムラサキツバメ♂(2008年11月23日)

この年は本当に多くの越冬集団が見られました。2〜3頭の小集団から数十頭の大集団まで。
越冬場所として選んだ樹の種類もハクモクレン、スダジイ、カクレミノ、ヤマボウシ等様々でした。
どうして落葉樹を選んでしまうのか確かな事は分かりませんが、南方から北上してきた蝶なので知恵が追いついていないのでしょう。
ハクモクレンで越冬していた大集団の中には、寒くて身動きできない時に葉ごと地面に落ちて自転車に轢かれてしまうという哀れな末路をたどったものもあったようです。pailaboさんの2008年12月3日の記事に掲載されています。


0811235DIMG_4707.jpg
ヤマボウシ(だったと思うのですが違っていたらご指摘下さい)の葉上の集団。既に何頭かは飛び立っているようです。(2008年11月23日)


0811235DIMG_4768.jpg
スダジイの葉影の5頭集団。ここは暗いので動きが鈍かったですが、それでも午後一番くらいに1頭が散歩から帰ってきました。というか、帰って来た個体がいなかったら見つけられなかった集団です。(2008年11月23日)


0811235DIMG_4726.jpg
ハクモクレンの大集団。この集団は午後からお見えになったダンダラさんと一緒に撮影。まだ葉が青々としていました。


R0013249.jpg
上と同じ集団を11月29日に撮影したものです。何頭いるのでしょう。南国では50頭以上の大集団が見られるようですが、関東でこんな集団が見られるのは珍しい事だと思います。もうすっかり紅葉して今にも葉が落ちてしまいそうです。



スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

No title

  1. 2013/01/27(日) 20:16:09 |
  2. URL |
  3. otto-N
  4. [ edit ]
2008年はいい年のようだったらしいですね。私がモノゴコロついてここに出かけたのは2011年からで、それ以来、下降線。今年は復活してほしいものです。この公園の向こう側、マテバシイの植え込みが切られ住宅地になったそうで、昔はもっとたくさんいたらしいです。都内の別の場所ですが、管理のためマテバシイが伐採されムラツが全滅した公園のことも聞きました。必要以上に公園は管理されている気がします。

Re: No title

  1. 2013/01/27(日) 23:48:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> otto-Nさん
そうですね。あの時はこれが普通なのだろうと思っていましたが、かなり特殊な年だったのかもしれません。
ここ数年寒い冬が続いているので北上組にはつらい所かもしれませんね。
それにしても数が少ないなと思っていたら、マテバシイが切られていたんですね。なんとなんと。
全滅してしまった公園もあるのですか。
多くの場所では人間の植樹に依存している蝶なのでやむを得ない面もありますが可哀想ですね。

No title

  1. 2013/01/28(月) 20:32:22 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
この年のムラツは本当に見応えがありました。
ブログ仲間で観察会を行ったときはモクレンは50くらいの大集団でした。
この写真もほぼ同時期だと思います。
次に訪れたときが、ちょうど落葉でほぼ全滅のときでした。
厳しい現実でしたが、貴重な観察だったと思います。

No title

  1. 2013/01/28(月) 22:19:44 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
2008年のムラツ集団は、凄かったようですね。
最後の1枚は、30頭くらいの大集団ですかね...何か、後ろの葉にもいるようで。
裏翅の地味さからは全く想像できないほど表翅は美しいですよね(*^_^*)。
オスのこの色...最高です。

No title

  1. 2013/01/28(月) 22:47:44 |
  2. URL |
  3. fanseab
  4. [ edit ]
懐かしい画像です。
小生も運よく撮影できて興奮したことを鮮明に覚えております。
その後、この時の集団が「標準的な姿」として頭に刷り込まれたため、
その幻影を追い求めて苦労しております。
今となっては本当に幻のような集団でした。
いつか復活することを期待しているのですが・・・・。

No title

  1. 2013/01/28(月) 22:53:06 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
その節は脚立をお借りして無事撮影できました。ありがとうございました。
それにしてもこの集団はすごかったですね。
この年はルーミスの集団越冬もあったし、今から考えると特別な年でしたね。
お会いした後の、黄葉した葉での集団越冬シーン、素晴らしいですね。

Re: No title

  1. 2013/01/28(月) 23:04:36 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYANさん
見応えありましたね。
私は蝶がこんなふうに集まって越冬している所はテレビでオオカバマダラを見た事があるくらいで、実際には初めてだったのでびっくりしました。
そうですか、50頭もいましたか。
BANYANさんはあの悲劇ご覧になったんですね。
哀れな出来事でしたが、本当に貴重な観察でしたね。おっしゃるように、「厳しい現実」でした。

Re: No title

  1. 2013/01/28(月) 23:12:25 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midoriさん
そうですね。あの年はどういう訳かとても大きな越冬集団が形成されました。
あちこちの集団から気温の上昇と共に飛び立つ個体を見ていると、なんだか高揚感すら覚えました。
飛び立つ前に翅を開く個体がいて、その美しさにドキッとしたものです。
またあんな年が巡ってきてくれるといいのですが・・・
ムラツの♂は本当に魅力がありますが撮影難しいですね。

Re: No title

  1. 2013/01/28(月) 23:26:59 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>fanseab さん
この年は皆さん撮影に行かれていたので懐かしく思われる方も多いでしょうね。
私もfanseab さんと同じでどうしてもあの光景が瞼から消えません。
でも怠け者なのでfanseab さんのように越冬集団を探して歩くような事はほとんどしておりませんが(笑)。
本当にいつかまたあんな集団を見てみたいものですがこの所ずっと数が少ないようですし、 Otto-N さんがマテバシイ伐採の話もされていたので心配しています。

Re: No title

  1. 2013/01/28(月) 23:39:09 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
あの日は気温も上がってのどかな1日でしたね。御一緒できてとても楽しかったです。
こちらこそありがとうございました。
あの年は本当に越冬集団の目立った年でした。
まる4年を経た今、その後の推移を考え合わせてみると本当に特別な年だったという感が強まってきます。
九州等の個体数の多い場所では50頭以上の大集団がたまに見られるようですが、やはり関東では滅多にない出来事なのでしょうね。
その後の個体数が多くないのでclossianaさんの研究なども思うようにデータが採れず難航しているようで残念です。

No title

  1. 2013/01/29(火) 22:08:29 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
この写真も懐かしいですね。後にも先にもあんなに大きな越冬集団は見ていません。この集団がやがて葉っぱごと地面に落ちてしまって自転車で踏みつぶされて痛々しい状態になったのを目にした時は自然の厳しさというよりは残酷さを思い知ったものでした。またルーミスの越冬集団を見出したのが、その翌日だったことも忘れられません。あのハクモクレンは翌年には管理当局によって大事な枝が切り落とされてしまったのです。ですから翌年はもっと高いところに集団が形成されましたが、それ以降集団が形成されていません。あの公園では毎年、同じ樹に集団が形成される傾向があるので、その点、残念です。

Re: No title

  1. 2013/01/30(水) 18:08:58 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
その節は大変お世話になりました。ありがとうございました。
あの集団は本当にすごかったですね。
それにしてもあの結末。ある程度予測出来た事かもしれませんが、私は葉が落ちる時には飛び立って移動するだろうくらいに簡単に考えていました。
でも葉が落ちるのは暖かい昼間に限った事ではないですものね。
あの枝は切り落とされていたんですか。その後見た時にどうも様子が違っていてどこだったのかわからなくなってしまったのですが、そいう事だったんですか。
今後ハクモクレンに大集団が出来た時にはせめて引っ越せるように葉の柄を何かで固定してやりたいですが、それは駄目でしょうかね?

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -