主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

千葉県香取市と茨城県鹿嶋市、利根川と霞ヶ浦などの中州地帯を挟んだこの二つの市には、それぞれ香取神宮と鹿島神宮という格式の高い神社(共に東国三社の一つ)がありますが、私は今までこの地とは縁がなく、どちらの神社も訪れた事がありませんでした。
今夜8時からNHKの時代劇で「塚原卜伝」の再放送の最終回が放映されますが、私は子供の頃から卜伝ファンなので、殊に卜伝縁の鹿島神宮は一度は訪れてみたいと思っていました。
そんな折り、急に仕事で香取市を訪れる機会があったので早朝出発し、仕事前の2時間余りの間にこの二社を訪れてみました。

1303047DIMG_6579.jpg 1303047DIMG_6596.jpg
最初にお参りした香取神宮は拝殿が改修中ですっぽり足場におおわれていて見る事ができず残念でした。
しかし境内の杉は見事という他なく圧倒されました。


1303047DIMG_6603.jpg
上の左の樹の幹をアップで。


1303047DIMG_6589.jpg
拝殿。外観は見られなかったので内部の写真のみです。


1303047DIMG_6616.jpg
こちらは参道から山道を少し登った所にある「要石」。
鹿島の大神がこのあたりを彷徨された時、地震が多いので地下の巨大ナマズを杭で打ち止めた、その杭の頭らしいです。香取神宮と鹿島神宮に一つずつあって、それぞれがナマズの頭と尻尾の杭の頭らしいです。
二社の間の直線距離はざっと14キロくらい。つまりナマズの大きさは16〜17キロメートルくらいですね。


1303047DIMG_6640.jpg
こちらは鹿島神宮の森。拝殿から奥宮へはこんな鬱蒼とした森の中を進みます。


1303047DIMG_6654.jpg
鹿島神宮奥宮。この奥宮はもともと徳川家康が献造し、拝殿だったそうですが、後に秀忠が新しい拝殿を建てるに至り、現在の場所に移設されたそうです。親子で何をやっているんでしょうね?


1303047DIMG_6708.jpg
奥宮の屋根を側面から見上げます。素晴らしく美しい屋根の反りと背後の樹々に感動しました。


1303047DIMG_6669.jpg
こちらが鹿島神宮の要石。奥宮からさらに少し入った森の中にあります。
一円玉と比較すればとその小ささがおわかり頂けると思います。この下に巨大ナマズを押さえ込めるような杭があるとは到底思えませんが、なんだか日本らしくていいなあと思いました。ちなみに香取の要石は凸。鹿島のは凹の形となっています。


1303047DIMG_6744.jpg
鹿島神宮駅の方に向かった所にある塚原卜伝像です。



余談です。
私が初めて書物で卜伝と出合ったのは小学生の頃読んだ白土三平の漫画、「忍者武芸帳」の中の一場面でした。卜伝は全編の中でここにちらっと登場するだけですが、このシーンはとてもインパクトがあって良く記憶に残っています。
「忍者武芸帳」は漫画本で12巻の長編でしたが、昭和58年に2巻にまとめた豪華本が小学館から出版され、すぐに予約して買いました。下の左の写真がそれです。右は付録のメタル製のしおり。
R0037081.jpg   R0037107.jpg


それでは一寸白土ワールドをお楽しみ下さい。
旅の途中の塚原卜伝が、忍者武芸帳に登場する人物中最強と思われる無風道人と丸木橋で鉢合わせするシーンです。
R0037073.jpg2     R0037075.jpg1


R0037072.jpg4     R0037073_1.jpg3


R0037074.jpg6    R0037072_1.jpg5


それではこれから晩酌と「塚原卜伝」最終話を楽しませて頂く事にします。



スポンサーサイト

  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -