主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         4月6日、アメリカから里帰りしていた家内の友人と家内と私の3人で、 BUNKAMURA ザ・ミュージアム
         で開催されていた「これぞ暁斎 ! 」を見に行った。
         河鍋暁斎は狩野派に学び幕末より明治にかけて活躍した絵師。少し前の歌川国芳や歌川国貞と比べると知名
         度で劣っていて、私自身も2〜3点の朧げな記憶があるくらいで正直どんな絵師であったのかよくわかって
         いなかったのだが、それだけに興味津々で会場に入った。

         そして、いやはや・・・河鍋暁斎恐るべし ! この時代のあらゆるキャラクターを総動員して描き綴った奔
         放な世界は確かな画力に裏打ちされたそれはそれは見事なものだった。
         例によって公式図録から2〜3拾って掲載しておくが、これは見てよかったなと思った。


     170420tg3P4200068.jpg   170420tg3P4200061.jpg
         左:地獄太夫と一休  右:幽霊図


            170420tg3P4200066.jpg
            化化学校(ばけばけがっこう)。妖怪どもの勉強風景を描いた小さな作品だがとても興味を引
            かれた。
            何故かと言えば妖怪の先生が棒で指しているフリップに『シリコタマ』と書かれていたから。
            水木しげるの河童の漫画でも河童の大好物は人間のシリコタマ(しりこだま=人間の肛門)と
            いうことになっていて、しりこだまを瓶一杯に詰め込んだ絵なんかも出てきて懐かしかったか
            らだ。若い頃その漫画と出合って、しりこだまは一体どんな味がするのか、どんな噛み心地な
            のか・・・多分グニグニとした弾力のある噛み心地の珍味なのだろうなどと想像を逞しくした
            ものだ。
            家内によればしりこだまというのはもっとスピリチュアルなものだという。川で遊泳中に河童
            にしりこだまを抜かれた人間が腑抜けになってしまうというのがその理由なのだそうだ。
            フリップには他にもキウリ(キュウリ)とかカワ(人の皮?)、とか、河童の好きそうなもの
            が書かれている。



         以下撮影は全て
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER SPEED ANASTIGMAT 1inch f1.5>

      170406ep5dalP4060176.jpg
         BUNKAMURA ザ・ミュージアムに入館する前、東急本店前で発見 ! マリオ・カート軍団。現在キャラの無断
         使用で任天堂に訴えられているみたいだが、それでなくてもこんなに小さくて背の低いのが公道を走り回って
         いたら、トラックの運転手さんなど気が気じゃないだろう。
         カメラを向けるとすぐにポーズをとってくれた。




         BUNKAMURA ザ・ミュージアムを出てから渋谷の鴬谷町で仕事の打ち合わせがあったので、谷底の渋谷駅
         方面には戻らず、松濤郵便局前から道玄坂上交番前に向かって斜面をトラヴァース。
         ラブホやライブハウスの立ち並ぶこの辺りは同じ渋谷でもちょっとディープ。歩いている人もお店も一味違
         って新鮮だ。

 170406ep5dal_tP4060178.jpg



 170406ep5dalP4060181.jpg
         ちゃんとそれらしい女の子達が歩いている。面白いものである。



         170406ep5dalP4060187.jpg
         道玄坂上に出た。ここで横断。



         170406ep5dalP4060189.jpg
         マークシティーの裏に着いた。ここは初めて見た。



 170406ep5dalP4060195.jpg



         170406ep5dalP4060205.jpg
         セルリアンタワー下の歩道橋で246を渡って桜丘町へ。ここまでくれば鴬谷町はすぐそこだ。



         170406ep5dalP4060208.jpg
         ギネスのバーがあった。



         170406ep5dalP4060211.jpg



         170406ep5dalP4060214.jpg
         目的地間近のインフォスタワー近く。2階の窓辺で奇妙な犬が外を見ていた。ウ〜ム、それにしても上手く
          できている。








  1. 絵画
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         4月6日早朝、例の「全国都市緑化よこはまフェア」で横浜公園がチューリップの会場になっているという
         ので見に行ってみた。4月8日の記事(CLICK)で山手の会場の様子を紹介した上でさんざんこき下ろして
         おいてなんだ、節操のない・・・と感じられた方は、拙ブログを愛読して下さっている極めて貴重な方とい
         うことになる。

         
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         横浜公園のある場所は江戸時代には港崎遊郭と呼ばれる遊郭であった。1866年の火事で焼失したまま明
         治維新に入ってしまったため復興がままならなかったが、明治8年からスコットランド人土木技師のリチャ
         ード・ヘンリー・ブラントンの指揮の下公園として日本大通りとともに整備された。



 170406gfxDSCF2387.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         この体勢でよく眠れるなあと思って前に回ってみたら起きていた。



         170406gfxDSCF2390.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170406gfxDSCF2398.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170406gfxDSCF2406.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170406gfxDSCF2415.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



         170406gfx_tDSCF2423.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         この噴水は関東大震災の復興事業の一つとして昭和3年に設置されたもの。ベイスターズのお膝元なので野
         球のプレイヤーをかたどった奇妙な植木で飾られていた。



   170406gfxDSCF2434.jpg   170406gfxDSCF2438.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         彼我庭園(ひがていえん)と前出のリチャード・ヘンリー・ブラントンの胸像。
         彼我庭園はもともと公園内の日本庭園だったが、今回の全国都市緑化よこはまフェアを期に名称決定と再整
         備が行われた。この名称は横浜公園が関内の外国人(彼)と関外の日本人(我)の双方が利用できたことか
         ら「彼我公園」と呼ばれていたことに由来する。
         ブラントンは明治のいわゆるお雇い外国人の一人で、横浜の市街整備でも知られるが全国的には灯台の設計
         と設置で知られる人物である。



         170406gfxDSCF2447.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         渡辺節の設計で、日本綿花横浜支店として昭和3年に竣工したビル。その後関東財務局横浜財務事務所、ク
         リエイターズスペース「ZAIM」などを経て、現在は DeNAベイスターズが管理する「THE BAYS」となって
         いる。
         4階にベイスターズのオフィスがある他、フィットネス、カフェ、ショップ、多目的スペースがあるそうだ。



 170406gfx_tDSCF2451.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         日本大通りの県庁前。



 170406gfxDSCF2464.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         大桟橋入り口まで歩いてみた。



 170406gfxDSCF2461.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         各所にこのようなブースが作られていて、県や市などの自治体や公募の作品として並んでいる。



         170406gfxDSCF2466.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         日本で最初に作られたプロテスタント教会「横浜海岸教会」。



 170406gfxDSCF2473.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



         170406gfxDSCF2489.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         大正12年に開業し、平成23年まで88年営業した洋食屋さん「梅香亭(ばいこうてい)」。
         ハヤシライスが絶品だったと聞くが残念ながら行った事がない。取り壊されていないのはどういう訳だろう。








  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

         この日の午後は事務所から明治通りに出て、いつもの氷川神社に参拝してから六本木通りで戻ってきた。
         これで何度目になるか忘れてしまったが、同じ氷川神社でも光線の具合や使うレンズ、その時の気分で
         撮れる写真もだいぶ違って見える(ネタが代わり映えしないことの言い訳)。

         以下撮影は全て
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER SPEED ANASTIGMAT 1inch f1.5>


 
         ハーレーは正にアメリカの鋼鉄の馬。南部の荒くれ男がまたがっていそうなのでどこの会社かなと思って調
         べてみたら意外にも五大湖に近いウィスコンシン州の会社だった。



         170405ep5dalP4050114.jpg
         氷川神社の参道の桜がとてもいい感じで咲いていたので鳥居を入れて撮ってみた。



 170405ep5dalP4050122.jpg
         朧げな記憶を絵にしてくれているようなスピード・アナスティグマートの描写。



         170405ep5dalP4050121.jpg



 170405ep5dalP4050127.jpg
         人物が光の中に溶け込んでゆくように見える。



         170405ep5dalP4050134.jpg
         いつもの(推定)狛犬。元の姿はどんなものだったのか見てみたい。



 170405ep5dalP4050136.jpg



         170405ep5dalP4050139.jpg



         170405ep5dalP4050145.jpg
         稲荷神社



 170405ep5dalP4050149.jpg
         神楽殿





  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         ダンダラさん(CLICK)が妙高のMさんに上越地方のギフチョウのポイントを案内してもらうというので便
         乗させて頂くことにした。 
         早朝ダンダラさんの御自宅まで車で行き、車を入れ替えて出発。上越まではかなり遠いイメージがあったが
         ダンダラさんのお宅からだと約3時間で着くことができる。関越道や上信越道方面は本当に便利で羨ましい。
         佐久を過ぎる頃に千葉のNさんから電話が入った。なんとすぐ後ろのパーキングにいると言うので東部湯の
         丸で合流して一緒に上越に向かうことにした。
        
        
 
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         白銀の妙高山の姿を楽しみながら上越入り。高速を下りてMさん親子と合流。総勢5名でギフチョウの産地
         を巡った。
         この地方の里山の春はとても美しい。雑木の中にコブシが混じり、所々でユキツバキが赤い花を咲かせてい
         る。林床にはカタクリの絨毯。そして道の両側には色々な春の花が咲き誇る。



 170415em1P4150001.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         まさしくカタクリの絨毯。



 170415em1_tP4150003.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ユキツバキの花を横から撮ってみた。



         170415em5P4150020.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         オオイワカガミの花。この辺りオオイワカガミが多く、かなりの大群落も見られる。ギフチョウもたまに吸
         蜜に来るらしい。



         170415em5P4150010.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ジュウニヒトエかと思ったが、日本海側に多いニシキゴロモのようだ。



 170415em5_tP4150032.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         スミレサイシン。



 170415em5P4150024.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         トキワイカリソウ。



 170415em1P4150168.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         さて、この日も天気が悪く、朝のうちだけ少し陽が当たってあとは曇りや雨。肝心のギフチョウだが私がま
         ともにシャッターを切れたのは地面に止まった1度だけだった。
         撮影中は気づいていなかったがなんと枯れ草被り。それでも私にとっては上越地方で撮影した初めてのギフ
         チョウなのでとても嬉しい1枚となった。
         この日1日御案内頂いたおかげでこの辺りの土地勘が少しは身に付いた気がするので是非またチャレンジし
         てみたいと思う。


         1日御案内下さったMさん、S君、そしてご同行下さったダンダラさん、Nさん、当日は大変お世話になり
         ました。お礼申し上げます。
         天気には泣かされましたが楽しい1日でしたね。またよろしくお願い致します。







         
  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

         この日成田空港に用事があって、協力業者の車で久しぶりに成田空港まで行った。近頃羽田を見慣れている
         せいか、成田ってこんなに小さい空港だったかなと思うくらい全体にこじんまりしていてびっくりした。施
         設内の店舗数も少なくてどうにも地味に見えてしまう。
         空港なんてあまり巨大だと移動距離は伸びるしわかりにくいしで私は小さい空港の方がストレスがなくて好
         きだが、つい先頃まで国際線のほぼ全てを担ってきた空港がこれかと思うとちょっと複雑な気持ちになる。
         カメラは持っていたが結局1枚も写真を撮らず、協力業者の会社がある新橋まで戻ってきた。
         新橋の広場でSLを数枚撮って東神奈川駅まで戻り、日暮れまで少し時間があったのでかねてから見てみたい
         と思っていた神奈川台場跡を見に行ってみることにした。

         撮影は全て
         <Sony α7II / Leitz Summarit 50mm f1.5>

 170404α72summaDSC01315
         新橋駅前広場のC11は小型化量産タイプの傑作車。



 170404α72summaDSC01316
         車輪も細身にできていて重量感に乏しい。



 170404α72summaDSC01318
         彫刻家瀬戸団治作の「愛の像」平和をモチーフにした1976年の作品。



 170404α72summaDSC01320
         C 11 を正面から見る。井川遥さんが突然やって来て「角ハイボールがお好きでしょ」と言われたら、いえ
         私はシングルモルトで、なんて言えないだろう・・・絶対。
         などと言いつつ、実はこの翌日シングルモルトを買って帰った。しかし考えてみるとそのシングルモルトも
         確かサントリーが買収した蒸留所のブランドなので、結果的にはまんまとサントリーの広告にしてやられた
         ことになる。
         昔からサントリーは宣伝がうまい。開高健さんのシリーズが懐かしく思い出される。



 170404α72summaDSC01331
         京浜東北線で東神奈川まで来て歩き始めた。
         神奈川二丁目の交差点で歩道橋を渡り、ゴルフ練習場の対岸の道を運河沿いに進む。ゴルフ練習場のある一
         角は「横濱倉庫(現株式会社横浜倉庫)」によって明治末期に埋立てられた土地である。岸壁に古そうなレ
         ンガ積みが見られるが、その一部はかつての「海神奈川駅」の遺構である。八王子から効率よく生糸を横浜
         に運ぶために作られた横浜線の支線の駅であった。


         開放ではふわっとした描写を見せる Summarit だが、f8 くらいまで絞り込めばこの通りシャープに写る。



 170404α72summaDSC01332
         海神奈川駅のあった岸壁は県内でも一二を争う積み出し量を誇ったというが今では面影もない。
         急に吹いてきた風で水面にさざ波が立ってきれいだった。



 170404α72summaDSC01337
         排水口か、或は潮位による影響を受けないための水門か。



            170404α72summa_1DSC01341
            左手に三井倉庫。正面遠くにはベイブリッジが見えている。



 170404α72summaDSC01362
         海神奈川駅と東高島駅をつなぐ貨物線を渡していた「瑞穂橋梁」廃線以来50年間放置されすっかり錆つい
         てしまっているが、日本のシルクロードの終点の一つとして貴重な遺構なのだから整備保存してもよいので
         はと思う。
         なお瑞穂埠頭ノース・ドックに渡る橋の横に同名の橋梁が残されているがその話はまたいつか。



 170404α72summaDSC01373
         東高島駅周辺。ここは今でも貨物線が通っている。屋根だけ残ったような駅の一部はヤマト運輸が使用して
         いた。駅前は空き地となって残されているが、歩いてみるとこれ以上ないというくらい寂しげな場所だった。



 170404α72summaDSC01381
         Summarit の開放近くの描写は独特だ。矛盾した言い回しかもしれないが、風景に言葉では言い表しにくい詩
         情を与えてくれる。



 170404α72summaDSC01387



 170404α72summaDSC01402
         光源が画面に入ってくると盛大なフレアが現れる。



            170404α72summa_1DSC01415




            170404α72summaDSC01421
            東高島駅を通り過ぎると「神奈川台場公園」という小さな公園があって、神奈川台場について解
            説された看板等が立っていたが、台場の跡らしきものは何もなかった。
            ちゃんと写真を撮っていなかったので近くの路地の写真。



    170404α72summaDSC01430
         これは解説プレートの一部だが、この地図によると近くに石垣露出部分が残されているようである。
         これは行ってみるしかない。



 170404α72summaDSC01436
         路地に入って半時計回りに回り込んで行く。



 170404α72summaDSC01443
         ついに到着 ! 「神奈川台場遺構」・・・な、なんて・・・なんてしょぼい史跡なんだ。この日はしょぼい
         ものにつきがあったらしい(笑)。



 170404α72summaDSC01452
         住宅と駐車場に挟まれた狭い空間に数十メートルに渡って台場の石積みが残されている。これが勝海舟が指
         揮して作られたお台場の石積みである。



            170404α72summaDSC01458
            それでもなんとか雰囲気よく写真に収めたい。Summarit さん、よろしくお願いします。



 170404α72summaDSC01470
         生活感も入れてみる。



 170404α72summaDSC01493



            170404α72summaDSC01613
            お台場の遺構を後にして、滝の川沿いに自宅の方向を目指す。流れのない夕暮れの川面でキンク
            ロハジロの純白の羽毛が輝いて見える。餌付けされているのか橋の上ら覗き込んだら群全体が近
            寄ってきた。



 170404α72summaDSC01617



 170404α72summaDSC01622
         神奈川公園にも立ち寄ってみた。ここはかつて神奈川会館があった場所。ここも神奈川の歴史の1ページ
         を飾る場所であるがこの話もまたの機会に譲りたい。鎖のつながれた入り口の石柱のデザインは凝ったもの
         だ。



 170404α72summaDSC01626
         ここにはよい桜の樹が何本かあるが、樹によっては満開に近く咲いているものもあった。春が足踏みしてし
         まったので今年は桜の開花も足並みが揃わないのだろう。



 170404α72summaDSC01640



 170404α72summaDSC01660



            170404α72summaDSC01676
            歩道橋で第一京浜国道を渡る。



 170404α72summaDSC01680
         幸ヶ谷町内を流れる滝の川。



               170404α72summa_1DSC01685
               昔ながらの材木屋さん。



            170404α72summaDSC01688
            橋の下の枯れ草がジャコメッティの彫刻みたいに見えて面白かったので写真を撮ったのだがなん
            だかよくわからない(トリミング)。



 170404α72summaDSC01696
            板壁に碍子とくれば写真を撮らずにはいられない。



 170404α72summaDSC01698
         二ツ谷交差点の JR の線路下。これより先は滝の川も暗渠となってしまう。






  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -