主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         一昨日の続き。伊勢山皇大神宮から丘を下りてきて、野毛町を歩いてみた。野毛の歴史や風俗はたいへん興
         味深いものであるが、長くなるのでそれについては触れないでおく。
         大道芸や500店舗もの種々雑多な飲食店の集まる場所として有名な野毛だが、私が若い頃は今ほど多様な
         食文化はなかった。この町に行くのはジャズ喫茶かハンバーグで有名な「洋食キムラ」、あとはたまに焼き
         鳥屋などで飲み直しする時と相場が決まっていた。
         ジャズ喫茶は「ちぐさ」と「ダウンビート」の二軒があってどちらにも顔を出したが、駅から近いダウンビ
         ートの方が頻繁に行っていたかもしれない。
         最近は色々な店が出店していて面白そうだが果たしてどんなになっているのだろう。

 170907gfxDSCF6434.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         野毛では目ぼしい通りにはだいたい名前がつけられている。ここは「柳通り」。所々に柳が植えられている
         他、木製のゲート(正式名称は不明)には大きな提灯がぶら下がっていて「柳通」と書かれている。



         17em1_tP9070136.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         柳通りの1本筋違いにある「中央通り」。




         170907gfxDSCF6435.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         撮影中は気づいていなかったのだが腕時計のベルトが入れてあるケースがなんだか良さげ。もう1度見に行
         ってみたい。



         17em1_tP9070139.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         1階がバーで2階はサーカス用品店?サーカス用品店なんて初めて見た。



 17em1P9070138.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         「野毛小路」。ここも色々な店がある。飲み屋に混じって右側には床屋もあるし、床屋の先はジャズと演歌
         の店だと書いてある。




         17em1_tpP9070147.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ジャズライヴハウスのようだ。アンティークのドアがはめられていると思ったら何やら解説文が。



         17em1_tpP9070151.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         なんと、驚き。ホント?という言葉が思わず口をついて出た。
         ベニー・グッドマンは貧しいユダヤ移民の子として生まれている。この扉はどう見てもそう上等なものでは
         なさそうだから彼の実家にあったものなのだろうか?



         170907gfxDSCF6438.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         そのお隣はポールダンスが売りらしい「野毛キャバレー」というお店。さらに2階にはオルゴール博物館な
         どがあるが、どこから入ったらどのお店に行けるのかよくわからない。



         17em1P9070150.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         「野毛キャバレー」の立て看板。私はポールダンスを見たことがないが、相当アクロバティックなもの。事
         故が起こらないのか心配になってしまう。



 170907gfxDSCF6442.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         野毛を外れて「洋食キムラ」まで来てしまった。以前は野毛の真っ只中にあったが今は移転して都橋のたも
         とにある。河童のマークが可愛らしい。



 170907gfxDSCF6444.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         ケチャップナポリタン発祥の店と言われるアメリカンスタイル洋食店「センターグリル」のロゴマーク。こ
         のお店はもう60年も営業している。


  
 17em1P9070159.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         野毛でも最古の部類のお店「旧バラ荘」。昭和24年の開店当時は喫茶店でその後オーシャンバー。現在は
         ライブバーだと思うのだがよくわからない。



 170907gfxDSCF6450.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>



         170907gfxDSCF6451.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>



 170907gfxDSCF6456.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>



         170907gfxDSCF6458.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>



 170907gfxDSCF6461.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         なんともこの街に相応しい。






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         9日は天気が良かったが遠征は見送り再び赤レンガ倉庫前で蝶の撮影を楽しんだ。前の週はお目当のアオス
         ジアゲハは傷んだ個体しか見られなかったのでもう少し綺麗な個体に出合いたいところ。

         
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         まずはイチモンジセセリを撮りながらアオスジアゲハを待つ。けっこう暑い上に蚊がいて痒くて仕方ないが
         せっかく来たのだからと我慢。



 17em1_tP9090212.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         この日はグルメ系のイベントがあり相変わらず人通りが多かった。人物を入れて。



 17em1_tP9090467.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         赤レンガ倉庫を背景にイチモンジセセリの飛翔を狙ってみる。


 17em1P9090567.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         嬉しいことに前の週には見られなかったアゲハも飛んで来た。



 17em1P9090775.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 17em1_tP9090729.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>



         17em1_tP9090802.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>



 17em1_tP9091109.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>



         17em1_tP9091174.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>

  

         17em1P9092646.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         再びイチモンジセセリ。
         赤レンガ倉庫をバックに自撮り棒を使用してのスマホ動画製作中。「で、新婚生活はいかがですか〜?」な
         どと聞こえてくる。3人の女子会で一人は新婚さんらしい。写真は「えいえいお〜」ではなくて最後の「イ
         ェ〜イ !」の決めのポーズ。
         主役は飽くまでイチモンジセセリのつもりですが。



         17em1_tP9092676.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         聖書を手に祈り捧げる乙女たち、ではなく↑の写真の自撮り動画をチェックする乙女たち。



 17em1P9091369.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ポップな色合いの服の女性が通過。蝶が花の上に止まっていてくれたら良かったのだが・・・



 17em1P9091530.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         そこかしこで求愛行動が見られた。



 17em1P9091535.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         求愛行動中は案外じっと固まったりすることがあるので、そんな時は背景を選んで撮影することができる。



 17em1P9091759.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 17em1P9092021.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         2時半、アオスジアゲハが飛来した。さて鮮度は?・・・多少擦れてはいるものの翅に損傷は見られない。



 17em1P9092052.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         近づいて連写したがジャスピンはフレームアウト。



 17em1P9092156.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ようやく撮れた納得の1枚。



 17em1P9092457.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ますます人通りが増えてきた。



 170909gfxDSCF6508.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         GFXとマクロを持っていたのでそちらでも撮影してみた。さすがに強烈な背景ボケ。



 170909gfxDSCF6516.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         F16まで絞ってこれくらい。



 170909gfxDSCF6578.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         3時になってヒメアカタテハも登場。



 170909gfxDSCF6582.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>






  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

         昨日の続き。
         成田山横浜別院を過ぎて再び路地を通り抜けてゆくとさらに高いところに「伊勢山皇大神宮」が鎮座する。
         神社のホームページを見ると神奈川県の宗社、横浜の総鎮守と書いてあるが、明治3年に国費で建てられた
         神社である。
         この時代の横浜には海外文化の波が押し寄せ、それが急速に普及し始めていた。これに対して日本人の精神
         的な支え、アイデンティティー確認の場が必要と考えた当時の県知事井関盛艮が、政府に伊勢神宮の遥拝所
         として天照大神を祀る社格と規模を備えた神社の建設を進言し受理されて神社の造営が決定した。そして元
         々戸部村海岸にあった神明社を遷座、整備したのが始まりである。
         遷座同年に行われた遷座祭は相当派手に行われたそうで、6万両(現代なら数十億くらいか)の経費をかけ
         たといわれる。
         

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 17em1P9070133.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>



 170907gfxDSCF6419.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>



 170907gfxDSCF6426.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>



 981167021013_img025.jpg
         <PENTAX 67/SMC TAKUMAR 200mm F4>
         これは1998年11月、娘の七五三の祝いに伊勢山皇大神宮に行った時に撮影した写真。
         市民に人気の伊勢山皇大神宮であるから当日はたくさんの親子が詰めかける。それで10組ずつくらいが社
         殿の前に並ばされて御祈祷を受けるわけだが、祈祷前のおはらいはどうやってやるのかと思って見ていたら
         大麻(おおぬさ)を持った宮司さんがそれを小刻みに震わせながら並んだ子供達の端から端までを走ってお
         はらいしていたので笑ってしまった。

         このわずか3年後の2001年、伊勢山皇大神宮は宮司の親戚が隣接地で経営していた高級ホテル「横浜開
         洋亭」の経営不振により境内の一部が差し押さえを受けることとなる。
         神奈川県神社庁が境内の大半を取得することで境内の競売は回避されたが、明治以来世襲されていた宮司の
         一族は伊勢山皇大神宮と縁を切られることとなった。
         とするとあの時御祈祷してくれた宮司さん、その後どうなったのだろう?

         90億近い負債総額で破産したというが、神社本庁(伊勢神宮を本宗とする宗教法人)に属する神社で初め
         ての破産であったらしい。初物の多い横浜の不名誉な初物と言えるかもしれない。






         
  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         横浜の野毛大通りと紅葉坂を結ぶ裏通りには「音楽通り」という名前がつけられている。どこにでも音楽が
         溢れ、音楽を手軽に持ち歩けるようにさえなった今では、なんの特徴もないこんな地味な裏通りにこのネー
         ミングは奇異にすら感じられるかもしれない。しかし私より一世代上で音楽好きの方々であればこの名称に
         納得されている方も多いと思う。
         この道が音楽通りと呼ばれるようになったのは1954年に「神奈川県立音楽堂」ができてから。前川國男
         の設計によるこの建物は日本の初期近代建築の金字塔の一つであると思うが、殊に天然木のパネルを多用し
         て作られたホールは音響効果が素晴らしく、リヒテルやアシュケナージら海外から招かれたクラシックの巨
         匠達からも高い評価を得たそうだ。
         私も何度かこのホールに足を運んだ思い出があるが本当によいホールだと思う。

         さて、その県立音楽堂ができた当時、表通りは車通りも多かったため、国鉄の桜木町駅から表通りを渡って
         この商店街(今ではほとんどお店もないが)に入り紅葉坂へ向かうのがが音楽堂へのルートとなっていた。
         そしてコンサートを見終えた興奮冷めやらぬ観客や、さらには出演者が、メロディーや歌を口ずさんで通る
         ことが多かったのでいつしか「音楽通り」と呼ばれるようになり、その後横浜市が市民から募集した「愛称
         道路」事業というのでで1976年に正式に認定されたらしい。

         この日は仕事で県立音楽堂の近くまで行ったので帰りに音楽通りや野毛を歩いて帰った。やたらと蒸し暑い
         日でカメラを2台肩にかけ、打ち合わせ資料を入れた鞄も持って歩いていたら大汗をかいてしまったが、近
         頃足の遠のいていた町の今の姿を楽しみながら写真を撮るのは楽しかった。
         
 170907gfxDSCF6401.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         通りを歩いてみるとこれが同じあの通り?と思ってしまうくらい賑やかさがなくなっていた。私が若い頃は
         まだそれなりに商店の数も多く人通りも繁かった。
         歩いて見るとそれでも所々に今風のお店もできつつある。こうしてまた徐々に様変わりしてゆくのかもしれ
         ない。


       
 
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         鉄工所があった。ちょっと失礼して覗いてみたらチェーンブロックがたくさん吊るしてあった。



 170907gfxDSCF6400.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         傷だらけでも現役で活躍している道具はどこか輝いて見える。



 170907gfxDSCF6403.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         ちょっと小洒落たお店が。「ハナサキ・ブッチャーズ・ストア」というアルゼンチンBBQ が売りのお店ら
         しい。


         
 170907gfxDSCF6406.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         カウンターのコーナーで3人の美女がランチ&おしゃべり中。向こうの道をお母さんにくっついて歩いてい
         るおかま帽の小学生、我が母校の生徒のような気がする。


         
 170907gfxDSCF6407.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         同じく。このボディーとレンズの組み合わせは、私的にはかなり理想的な写りだ。



         170907gfxDSCF6411.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         音楽通りを野毛方面に出て右に行ったあたりの古本屋さん。



         170907gfxDSCF6415.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         野毛坂交差点から坂を登り、有名な「KIKUYA・CURRY」の手前で右に折れて成田山西参道に入った。と
         ても狭い道だがかつてのこの界隈の面影を残している。
         道端でデコラの切り抜きをやっていた大工さんが「ふ〜暑い」とぼやいていた。



 170907gfxDSCF6417.jpg
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>
         昭和30年頃の家だろうか。あの呼び鈴(というか多分ブザー)のスイッチは懐かしい。さすがに最近見な
         くなった。 



 17em1P9070116.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         かつて旅館だった築50年の日本家屋をリノベーションしたゲストハウス・フタレノ。こういった受け皿は
         これから増えるのかもしれない。共同部屋と個室があってお値段は安め。話の種にお泊まりになられてみて
         は?



         17em1P9070119.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         振り返って見る細い坂道。



 17em1P9070117.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         坂の上には「萬徳寺」と「成田山横浜別院」が並んで立っている。






  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

         ダルメイヤーのスピードアナスティグマート(DALLMEYER SPEED ANASTIGMAT 1inch f1.5)を入手して
         以来出番の少なくなってしまったシネラプターを半年余りぶりで使ってみた。
         スピードアナスティグマートとシネラプターは性格の似たシネレンズで焦点距離も同じ1インチ。開放付近
         では周辺の像の流れやぐるぐるボケが特徴だが、開放f値がスピードアナスティグマートが f1.5 であるのに
         対しシネラプターは f1.9 。そのせいもありボケの大きさもぐるぐるボケの激しさもスピードアナスティグ
         マートに軍配が上がる。さらにスピードアナスティグマートは独特の色彩やどこか上品なボケ味というオー
         ルドレンズファン好みのテイストを備えていて人気が高い。対してシネラプターはやや大味で面白みに欠け
         るレンズではある。けれどもうまくはまるとスピードアナスティグマートとはちょっと違ったふわふわ感が
         醸し出されることもあり私は好きだ。スピードアナスティグマートほど強い癖がないだけに一見簡単そうに
         見えるが実は落とし所の難しいレンズ・・・シネラプターにはそんな印象を持っている。
         今回はあまり「はまった」写真が撮れていないが懲りずにまた持ち出して撮影してみたいと思う。

         撮影は全て
         <OLYMPUS PEN E-P5/WOLLENSAK CINE RAPTAR 1inch f1.9>

 
         9月1日渋谷。トラックの側面に書かれた宣伝。MIRAVALはプロヴァンスのワイン。変わった形のボトル
         だ。ロゼが有名だと聞いたが飲んだことはない。



         170906ep5P9060013.jpg
         9月6日東白楽駅近く。雨が降り始めた公園になんと呼べばいいのかわからない道具が置き去りにされてい
         た。



 170906ep5P9060019.jpg
         9月6日家の近所。



         170908ep5P9080002.jpg
         9月8日。電車に乗ってからスマホを忘れたことに気づき、白楽駅で下車して自宅に向かって歩いた。これ
         は途中にある雑貨屋さん。



 170908ep5P9080006.jpg
         家内が勉強会で京都に行っているので娘と外食。写真は今は電車の通っていない反町駅のガード。



 170908ep5P9080011.jpg
         カメヤ食堂。



 170908ep5P9080015.jpg
         拙ブログによく登場する焼き鳥「鳴門」



 170908ep5_tP9080016.jpg
         信号を待つ姉妹の立ち姿が可愛らしかった。



 170909ep5P9090025.jpg
         9月9日。猫の餌が欠乏したので早朝買いに出た。少し朝焼け。



 170909ep5P9090027.jpg



 170909ep5P9090035.jpg
         角ハイボールの提灯はサントリーが提供してくれるのだろうか?



 170909ep5P9090038.jpg
         かつて栄えた松本商店街だが今は静かだ。







  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30